ニキビや吹き出物、肌のでこぼことは?

皮脂の過剰分泌によって毛穴が詰まって炎症を起こしている症状です。
進行具合によって

  • 白ニキビ
  • 黒ニキビ
  • 赤ニキビ
  • 膿ニキビ

に分けられ、対処の仕方も変わってきます。

ニキビの種類は大別して思春期ニキビ(20歳前後)と大人ニキビ(20歳~)があります。

思春期ニキビは、成長期特有の皮脂過剰分泌のサイン!

特徴的なのが、Tゾーンと呼ばれ、
おでこと鼻を中心にしたエリアに
集中してできるニキビが思春期ニキビです。

女子や男子の成長期によく分泌される
男性ホルモンが引き金となり、
皮脂の過剰分泌が主な原因になっています!

お肌の角質等が堆積して毛穴が詰まっている状態で、
皮脂の分泌が増えると毛穴の奥に皮脂が詰まって無酸素状態になり、
アクネ菌が繁殖しやすい環境になります。

結果的に排泄器官である皮膚の機能が阻害されることで
毛穴が炎症を起こしニキビになります。

放っておくと炎症が悪化してニキビ跡になる場合もありますので、
肌のでこぼこに発展する前に、早期治療として薬用石鹸で行う洗顔が効果的です!

薬用石鹸のおすすめはこちら!

 

大人ニキビの原因は、乱れやすい生活習慣の改善が一番大事!

Uゾーンと呼ばれ、アゴや口の周りを中心にした
エリアに集中してできるニキビが大人ニキビです。

色々な原因で肌が乾燥したり、仕事で食生活が乱れたり、
飲み過ぎ、寝不足や会社等でのストレスが引き金となり、

皮脂が過剰分泌され毛穴が詰まると、
体調不良のお知らせとして大人ニキビになります!

一般的には複合した症状で、

  • 肌ケア製品が乾燥肌を招いたり
  • 肌ケア中に擦ったり
  • 便秘気味であったり
  • 頬杖を付くのが癖であったり
  • ビタミンやミネラルが不足しても

出やすいニキビです!

ニキビにはいくつかの種類がある!

Tゾーンニキビ(眉毛から眉間、鼻筋の周り)

一般的には、眉毛から眉間や鼻筋にかけてのTゾーンにできるニキビは、皮脂腺が発達している関係上、皮脂が多く分泌されやすいエリアです。
そのため、毛穴が角質の体積などで詰まってしまうと、排泄器官である皮膚の機能として、お肌を守るための皮脂が排泄されずに溜まり、毛穴の奥が無酸素状態に陥ることで、ニキビ菌(アクネ菌)が増え易い環境になります。

その結果、毛穴が炎症をおこすのがニキビのメカニズムです!

ホルモンバランスが崩れやすいティーンエージャーでは、
この仕組みが陥りやすく、特に皮脂分泌の盛んな
オイリー肌であればなおさら症状が出やすくなります。

Tゾーンニキビ対策はこちら!

おでこの周りニキビ

思春期ニキビは、おでこを中心にできるのが特徴です!おでこは皮脂腺が集中している場所でもあるので、毛穴が詰まりやすい場所ともいえますね!
思春期では身体が成長途中にあるため、自然とホルモンバランスが変化しやすく、ヘアスタイルにもよりますが、前髪がおでこに触れている場合では、毛髪に微量残っているシャンプーや石鹸等がお肌を刺激して炎症の引き金になることもあります。

髪にもホコリや雑菌が付いていますので、
髪の毛が常にお肌に触っていると
皮膚の通気性が悪くなったり、

毛先が肌に触れて毛穴の角質が厚くなり、
皮脂が増加して毛穴が詰まることがあります。

おでこニキビ対策はこちら!

顎・首の周りニキビ

あごや首の周辺は、男性ならヒゲが生える場所。

女子でも男性ホルモンの影響で
ニキビができやすい傾向があります。

男性ホルモンの影響だけでなく、
頬づえなども皮膚の刺激となって
ニキビをできやすくする原因にもなります。

顎・首の周りニキビ対策はこちら!

口の周りニキビ

食べ過ぎや油っぽい食事が多くなり、胃腸が弱ると口のまわりにニキビができやすくなります。

栄養バランスが偏るとニキビができやすくなるので、偏食や食べ過ぎなど暴飲暴食には注意しましょう。

口の周りニキビ対策はこちら!

背中ニキビ

鼻やおでこと同じくらい皮脂腺が多いので、
背中もニキビができやすい場所です。

背中は汗をかきやすく、特に寝ている間は
通気性が悪く汗がたまりやすいので
ニキビができやすい状態になっています。

背中ニキビ対策はこちら!

その他複雑な要因による、
詳細な複合ニキビまとめは以下をご覧ください!

ストレスホルモン過剰ニキビ

人間はストレスを感じると、そのストレスに
対抗するため副腎でホルモンが生成され、
そのストレスを緩和しようと働きます。

その際に男性ホルモンも分泌されやすくなり、
その作用により皮脂の分泌が増えます。

男性ホルモンの特徴としては、
角質を厚くする作用もありますので、
自然と毛穴が詰まりやすくなり、

ストレスを感じれば感じるほどこのプロセスは繰り返され、
特に男性ホルモンの影響が多い髭の生えるエリアとして、
Uゾーン周りにニキビができやすくなります。

一般的にはストレスというと精神面を思い浮かべますが、
現代社会では精神的なストレスによる睡眠障害やダイエット、
飲酒や喫煙など、実質的に身体にもストレスの負担がかかっています。

女性は、更に生理前などに女性ホルモンが活発になって、
卵を着床するため子宮内の膜を厚くして妊娠の準備をしますが、

その際に皮脂分泌や便秘なども副次的に起こりやすい傾向があります。

特に生理中の食事は、月経バイオリズムに合わせることで、
生理中でも美しさアップの基盤を作ることができます。

睡眠不足ニキビ(成長ホルモン欠乏)

睡眠はダメージを受けた細胞を修復するためにとても重要です!

決まった時間休んでいても、睡眠の質によっては
身体がゆっくり休息をとれているかは別の問題です。

特に睡眠の時間帯は成長ホルモンの分泌と関係性が深いため、
成長ホルモンが適切に分泌されやすい時間帯(夜10時から夜中の2時)は、
ゆっくりと休んでいることがお肌の機能を適切に働かせるために必要です。

冷え性(低体温)ニキビ

体が冷えるとどうしても代謝が悪くなりがちです。

特に若い女性はおしゃれな服装を好みますので、
冬でも生足にミニスカートや夏場のエアコンが
効いた部屋では自然と身体が冷えやすくなります。

その結果、身体が冷えを感じて
内蔵に血液を優先的に送るため、
本来お肌に循環するはずであった血液が不足

お肌が血液不足に陥り乾燥しやすくなります。

そしてお肌が乾燥すると身体の機能が乾燥を守ろうと皮脂を過剰に分泌しようと働き、ニキビができやすくなるばかりでなく、お肌のターンオーバーサイクルも影響を受けて剥がれる落ちるはずだった角質が残りやすくなり、毛穴が詰まりやすくなります。

この場合には、排出気管であるお肌のメカニズムを
正常に機能させるために、体温(平均36度以上)を元に戻す事が大切です。

遅延型フードアレルギーニキビ

遅延型フードアレルギーとは?

食べた後何日もして症状が現れたりするアレルギー症状で
昨今顕在化してきたものとして、以下が代表的なものです。

アレルギー症状としては大人ニキビや湿疹が身体中に現れたり、身体がだるくなったりします。放っておくと副腎が炎症を緩和させるためにコルチゾールというホルモンを出し続けますので、最終的には副腎疲労に至り重症になると起き上がることが出来ない場合もありますので、早期対策がベストです!

出典 :スクエアクリニック副院長 本間龍介氏
医院長の奥様、本間良子さんの著書「しつこい疲れは副腎疲労が原因だった」で詳しく解説されています。

小麦製品(グルテン)

小麦粉に含まれるグルテンが腸壁に堆積して炎症を起こす事で、腸壁が決壊して老廃物等の毒素が血液中に流れ込み起きるアレルギーです。小麦粉を完全に避けるのはほぼ不可能ですが、なるべくお米、できれば玄米にスイッチしていくのがオススメです!

乳製品(カゼイン)

専門用語で乳糖不耐性と言い、程度によりますが、乳製品に含まれるカゼインを消化しにくい日本人の遺伝子型では、未消化のカゼインが腸壁に堆積して炎症を起こし、腸壁が決壊して老廃物等の毒素が血液中に流れ込み起きるアレルギーです。

もちろん何の違和感も感じない方は、遺伝子的に乳糖耐性が高い可能性があります。

日本人の遺伝子も多岐に渡る事が科学的にも証明されています。

砂糖

甘いものとニキビの関係性は比較的一般的です。但し、スイーツで一般的な小麦粉と乳製品に砂糖というコンビネーションになると、もう一歩踏み込んだケアをすると良いでしょう!

日本人の遺伝子に合った食生活として、なるべくお米、できれば玄米食やそれらの原料をベースにしたスイーツやグルテンフリー、豆乳などに切り替えて、毎日の食生活を改善するのがニキビケアには効果的です!

砂糖というより自然の甘さやほんのり甘い程度のものを普段食用にスイッチすると安心です。

更新日:

Copyright© えっ!ニキビや吹き出物を洗顔で治す?症状別対策 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.